So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安土・桃山時代の城の文化 武家文化とは?

今回は安土・桃山時代の城の文化 武家文化について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「安土・桃山時代の城の文化とは? 武家文化とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/801

力強い武家文化とは?


安土・桃山時代の文化は、華やかで明るく
しかも活き活きとして力強く
全国統一の時代に相応しい
自由な気分に溢れています。

秀吉が北野(京都市)で行った茶の湯の会も
非常に大掛かりで、伸び伸びしたものでした。

この茶の湯の会には、4、5百人もの人が集まり
武士も町人も一緒になって
野原で茶の湯を楽しんだのです。

この時代の文化は、東山文化を受け継ぎ
武家文化として、一層発展しました。

もともと貴族文化が土台になっていますが
広く町人や地方の武士などにも行き渡るようになったのです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます