So-net無料ブログ作成

安土・桃山時代の人々の楽しみとは?

今回は安土・桃山時代の人々の楽しみについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「安土・桃山時代の人々の楽しみとは? 能楽や茶の湯とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/803

安土・桃山時代人々の楽しみ


盛んな芸能


安土・桃山時代は、神や仏よりも
今生きている人間が先だという考えの時期でした。

長い間、乱れていた天下も統一され
人々は平和のうちに、伸び伸びと生活を楽しんだのです。

こうして能楽・茶道(茶の湯)・立花(生け花)
風流踊り・念仏踊り・浄瑠璃・歌舞伎
隆達小歌・連歌・俳譜など
いろいろな芸能が盛んになりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます