So-net無料ブログ作成

江戸時代のあらまし

今回は江戸時代のあらましについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代のあらまし! ざっくり言うとどんな時代?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/805

1603年、征夷大将軍になった徳川家康は
江戸幕府を開き、武士による全国支配の仕組みを
さらに強カに作り上げようとしました。

この江戸幕府の土台は、三代将軍家光の頃までに
しっかりと出来上がりました。

全国250あまりの大名を
親藩・譜代・外様の三つにわけ
お互いに、抑え合うように配置替えをしました。

また、武家諸法度を作って大名や
武士を取り締まったり
参勤交代の仕組みをつくって
諸大名の力を抑えたりしました。

しかも、幕府自身は全国の四分の一という
広い領地を持ち、主な都市や鉱山も支配して
巨大な財力を蓄えました。

さらに、キリスト教が広まり
政治の土台が揺らぐことを恐れた幕府は
思い切って国を閉ざし
外国との付き合いを
止めてしまうようなこともしました。

そのためにこれれまで盛んだった
外国との貿易は衰え、世界の進歩に
遅れることになりましたが
一方、国内には200年あまりも
太平が続くことになりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます