So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸幕府の政治 旗本と御家人とは? 

今回は江戸幕府の政治について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸幕府の政治とは? 旗本と御家人とは? 幕府と皇室との関係とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/810

旗本と御家とは?


幕府に直接、仕えるえる家来を
旗本・御家人といいました。

旗本と御家人の違いは
旗本は将軍に挨拶ができましたが
御家人には、その資格がなかったことです。

また旗本のほうは、一万石から100石ぐらいまでの
領地か、米を貰っていましたが
御家人は米を貰う者が多かったことです。

旗本も御家人も、将軍の家来として
大変威張っていました。

その数は、約2万2500人ほどでしたが
将軍に従って、戦に行くときには
決められた人数を部下として
連れていく義務がありました。

それを合わせると八万人に近くなり
「旗本八万騎」といわれたのも
けっして、嘘ではありませんでした。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます