So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸時代における身分の差別とは? 士農工商、低い女性の地位

今回は江戸時代における身分の差別とは? 士農工商、低い女性の地位について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代における身分の差別とは? 士農工商、低い女性の地位とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/812

身分による差別


士農工商とは?


江戸幕府は、信長・秀吉のとき以来
次第に作られてきた身分の差別を
はっきり士農工商の四つの身分制度に仕上げました。

とくに武士と農民・町人との差別を厳しくしました。
そして武士の子は武士
農民の子は農民と、永久に決められました。

人間の値打ちが、その人の才能や努力と関係がなく
ただその生まれによって決められていたのです。

支配者である武士は、総人口3000万ほどの内
わずか7パーセントに過ぎませんでした。

しかし身分は一番高く、苗字を名のり
常に両刃をさすことが許されており
農民や町人が無礼なことをすると
斬り殺しても構いませんでした。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます