So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸時代の農民の地位 年貢と助郷とは?

今回は江戸時代の農民の地位 年貢と助郷について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代の農民の地位とは? 年貢と助郷とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/813

江戸時代の農村の様子とは?


農民の地位とは?


江戸時代の村は、大体、今の村の大字にあたり
戸数も30戸か40戸くらいでした。

幕府も藩も、秀吉のときより
一層厳しく検地を行い、村の収穫高(村高)を決めて
年貢をとるようにしましたので
村が政治を行うときの
一番小さな単位になっていました。

村に住む農民にも
いろいろな身分がありました。

年貢を納める責任をもつ農民を百姓といい
農民のうちでは、いちばん上の身分でした。

本百姓には、地主もおれば
小さな自作農もいました。

本百姓の下には、名子・被官などという
身分の低い農民がいて
地乏から、家来のように扱われていました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます