So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

御朱印船とは? 徳川家康と外国貿易

今回は御朱印船とは? 徳川家康と外国貿易について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「御朱印船とは? 徳川家康と外国貿易と豊臣秀吉の外交の違いとは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/815

御朱印船とは?


豊臣秀吉の外交とは


室町時代の末には
大陸に近い九州や
中国地方などの大名たちは
朝鮮や、中国や、琉球の国々と
盛んに貿易を行なって、豊かになり
非常に大きな勢力となったものもありました。

また、倭冠といって
遠方では、南中国の方まで出かけていき
相手が大人しく商売に応じないときは
たちまち、強盗になると、乱暴な日本人もいました。

秀吉は、国内を統一すると
大名や商人たちが
勝手に貿易することを取り締まり
その頃、盛んに活躍した海賊を取り締まるために
証明書を作りました。

そして、この証明書を持った船だけが
国外へ出かけることを許しました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます