So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

徳川家康とキリスト教との関係とは?

今回は徳川家康とキリスト教との関係について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「徳川家康とキリスト教との関係とは? キリスト教を禁止したのはなぜ?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/818

家康とキリスト教との関係とは?


家康もキリスト教を
好みませんでしたが
貿易を大切に思ったため
初めは、多めに見ていました。

その結果、信者は、益々増え
1605年(慶長10年)には
70万人にもなり
東北地方から北海道にまで
広がって行きました。

特に、農民や鉱夫の
信者が増えてゆきました。

ところが、17世紀に入ると
東洋の貿易は、ポルトガルや
スペインに代わって
イギリス・オランダの勢力が伸びてきました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます