So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

隠れキリシタンとは? 幕府の取り締まりと隠れた信仰 キリシタンの復活

今回は隠れキリシタンとは? 幕府の取り締まりと隠れた信仰
キリシタンの復活について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「隠れキリシタンとは? 幕府の取り締まりと隠れた信仰とキリシタンの復活とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/821

隠れキリシタンとは? 江戸の幕府は家康以来 どの将軍もキリスト教を 禁じてきましたが島原の乱に懲りて 一層取り締まりを厳しくしました。 そして、信長を見つけ次第 情け容赦なく殺しました。 一方、幕府のどんな ひどい仕打ちにも関わらず 信仰を捨てまいとする人々がいました。 昔から信者の多かった九州 特に西海岸の長崎の付近や 五島・平戸の島々にかけての農民や 猟師たちの信仰は熱心でした。 この人々を少しでも キリスト教徒らしい行いを見せると 殺されるので、上辺は 仏教の信者のように装って 心の中でキリスト教を信じていました。 隠れキリシタンは、人が死ぬと 見張りの役人のいる間は 仏教の僧を呼んでお経をあげてもらい 葬式が済んで役人が帰ると キリスト教の葬式でやり直しました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます