So-net無料ブログ作成

新井白石と正徳の治とは? 赤穂浪士とは?

今回は新井白石と正徳の治とは? 赤穂浪士について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「新井白石と正徳の治とは? 赤穂浪士とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/825

新井白石と正徳の治とは?


六代将軍家宣が立つと
彼の儒学の先生であった
新井白石の考えが
政治に反映しはじめました。

白石は、朱子学者としても
優れた人でした。

道理にあった考えを持ち
強い信念で、綱吉の曲がった政治を
改め文治政治を正しく
伸ばしていきたいと考えました。

まず生類憐みの令を止めて
牢屋に入れられていた8800人の
人たちを許してやりました。

また幕府の財政が乱れて
ますます赤字がひどくなってきたので
何とかしなければなりません。

白石は、悪いお金を
たくさん発行するよりも
よいお金を少し出したほうが
物価が落ち着くと信じていたので
その方針をとりました。

また江戸時代の初め頃から
日本の金銀が、たくさん
外国に流れでましたので
何とかして、これを防ぐ
必要がありました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます