So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸時代の交通の発達

今回は江戸時代の交通の発達について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代に発達した交通機関とは? 飛脚や回船とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/826

五街道


戦国時代の頃までは
全国に通じる道路は
あまり発達せず
交通は、まだまだ不便でした。

江戸幕府では、戦争がおこって
軍隊や荷物を早く運ぶ必要の
あるときのことを考えて
五街道(東海道・中山道
甲州道中・日光道中・奥州道中)
を整えました。

大名の参勤交代が盛んになると
五街道は、一層、立派になりました。

普通の道に比べると
道幅も広く、両側に旅人の
日よけや休みをとるための
松や杉の並木が続き
約4キロメートルごとに
一里塚がおかれました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます