So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸時代で強まる町人の力と商業の発達

今回は江戸時代で強まる町人の力と商業の発達について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代に強まる町人の力で商業が発達? 城下町と商人の関係とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/828

強変る町人のカと商業の発達と商人


城下町と商人


日本人の、95パーセントほどが
農業に携わり、あとの5パーセントほどが
農民の作ったものを、税に取り上げて
生活しているような状態では
商業はあまり盛んになりません。

ところが、安土・桃山時代から
江戸時代になると
武士たちは、ほとんど城下町に
住むようになって
農業には関係しなくなりました。
給料は米で貰っても
米だけでは生きていけませんから
余分な米を売って
着物や家具を買います。

従って米を買いとる人や
着物を売る人や
家具を作る人が必要となります。

そこで、城下町には商人や道具などを
作る職人が集まってきました。

その他、荷物運びをする人や
土方なども集まってきました。

江戸では、100万人の人口の内
半分が武士やその家族と奉公人
半分が商工業者でした。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます