So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸時代に発達した農業

今回は江戸時代に発達した農業について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代に発達した農業とは? 新しく作られた農具と作物とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/834

進む農業


新田開発


村や字に、新田という名のついたところがあります。
これは、新しく開墾した土地という意味です。

江戸時代には、多くの新田がつくられました。
農村の人口が増えると
田畑を多くしなければ生活できなくなります。

また、工業などは産物に比べて
それほど盛んではなかったので
農産物が産物の大部分を占めていまいた。

そこで、将軍や大名たちも新しい田畑を開いて
産物を多くしようとしました。

そして、新しい田畑には
3年間は税をかけないとか
税を軽くするとかして
開墾を奨励しました。

また、用水路を掘って
多くの田に水が行き渡るようにしました。

このため,17世紀になってから
田畑は急に増え、16世紀の末に
150万ヘクタールほどあった田畑は
18世紀の半ばに、300万へクタール
19世紀の末には450万ヘクタールに増えました。

今、新田という名の付いているところは
大抵、江戸時代に開かれたところです。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます