So-net無料ブログ作成

江戸時代の水産業の姿とは?

今回は江戸時代の水産業の姿について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代の水産業の姿とは? 網元と網子とは?クジラ獲りやイワシ漁がさかんに?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/835

江戸時代の水産業の姿


網元と網子とは?


漁も発達し、大きな網を張って
一度もたくさんの魚を獲ることが
盛んになりました。

何艘かの船で、大きな網を張り
だんだん狭くしていき
船に引きあげる方法が行われました。

また、網の両端に長い綱をつけておき
海岸にいる人が引きあげる
地引き網もありました。

さらに海中に網を貼ったままにしておいて
魚がその中には行った頃を見計らって
引き上げるものもありました。

100メートルも200メートルもある
大きな網で、それを作るには
たいへんお金が掛かったので
誰でも持つというわけには行きませんでした。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます