So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

江戸時代の手工業と鉱業とは?

今回は江戸時代の手工業と鉱業について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「江戸時代の手工業と鉱業とは? 大名と産業の関係とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/836

江戸時代の手工業と鉱業とは?


大名と産業


大名は、自分の領地内の産物が
多くなるように勤めました。

米などの農産物のほか
紙・ロウソク・唐傘・塗り物・焼き物などを
作るよう進めたり
養蚕を盛んにしたりしました。

そのころは、工業といっても
家族、が家の中で簡単な道具を
使ってやるものが大部分でした。

大名は、農民や職人に作らせるほか
家来の家族にも作らせました。

米沢藩主の上杉鷹山は
養蚕業を盛んにするとともに
家来の妻たちに、織ることを習わせました。

それが、米沢織として
知られるようになりました。

忍(埼玉県行田市)の藩主阿部正喬も
家来の家族に足袋を作らせて
生活の足しにさせましたが
それがだんだん盛んとなって
後には、行田の足袋として
知られるようになりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます