So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

栄える江戸の文化 化政文化とは?

今回は栄える江戸の文化 化政文化について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「栄える江戸の文化とは? 化政文化とは? 俳諧や狂歌と川柳がさかんに?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/837

18世紀の終わり頃から
19世紀の初めにかけて
文化の中心は上方(京都・大阪地方)から
江戸へ移りました。

この中心になった
文化・文政年間(1804年から1829年)の
年号をとって、化政文化といわれます。

この文化は、さきの上方を中心とした
天禄文化に比べて、活き活きとした
明るさや、華やかさが見られなくなり
その日だけの楽しみを求めたり
こった好みや皮肉などが喜ばれました。

小説


この時代の文学では
やはり小説が中心で
黄表紙・合巻・読本・酒落本
滑稽本などが盛んに呼ばれました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます