So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

浮世絵とは? 喜多川歌麿・葛飾北斎・安藤広重

今回は浮世絵とは? 喜多川歌麿・葛飾北斎・安藤広重について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「浮世絵とは? 喜多川歌麿・葛飾北斎・安藤広重ってどんな人?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/838

浮世絵とは?


一枚一枚、筆で描いていた浮世絵も
18世紀の末頃になると
どんどん売れるようになり
筆で描いていたのでは
間に合わなくなりました。

そこで、版木に掘った絵をたくさん刷り
安く売りだすようになりました。

版木で剃られた絵を版画といいます。
この頃の浮世絵の作者には
鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿
勝川春章・東洲斎写楽などがいました。

江戸時代の末になって
葛飾北斎・安藤広重などが現れました。

nice!(1)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 1

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます