So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

天保の改革とは? 大塩平八郎の乱とは?

今回は天保の改革と大塩平八郎の乱について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「天保の改革とは? 大塩平八郎の乱とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/842

天保銭とは?


定信は、数年で老中を辞めたので
そのあとは、将軍家斉が
政治をとることになりました。

松平定信が立てた
財政を立て直すための計画も
定信がやめてからは
守られなくなり崩れていきました。

それに、家斉は、派手好きな人でしたので
幕府の経済は、苦しくなってきました。

文化・文政のころになると
特に酷く、歳出に比べて
歳入が不足する年が、多くなりました。

そこで、幕府は貨幣を悪くして
財政の苦しさを切り抜けようとしました。

天保年間にいたるまで
何回となく貨幣をいなおしましたが
重量は減り、品質はますます悪くなりました。

1827年(文政10年)に出された一朱金は
金21パーセント、銀88パーセントという
質の悪いものでした。

これでは、金貨とは言えそうもありません。
1835年(天保6年) に造られた天保銭は
100文の銅銭でしたが
これまでの一文銭の100倍の銅を
含んでいるわけではありませんでした。

また天保銭は、40枚で一両でしたが
数が増えるにつれて値打ちが下がり
ついには100枚で一両になりました。

こんなことをしてやりくりを
しなければならなかったのです。
nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます