So-net無料ブログ作成

高野長英と渡辺崋山とは? 尊王論とは?

今回は高野長英と渡辺崋山とは? 尊王論について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「高野長英と渡辺崋山とは? 尊王論とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/848

高野長英と渡辺崋山とは?


そのころ、江戸に渡辺崋山
という人がいました。

三河(愛知県)の田原藩の家老でしたが
画家としても有名で
また、オランダの学問も
研究していました。

崋山の友人の高野長英は
シーボルトの門人で
オランダの学問に詳しい人でした。

崋山や長英は、外国のことを
研究している内に
モリソン号のことを聞きました。

2人はたいへん驚き、また心配しました。

崋山は「慎機論」、長英は「夢物語」を表して
異国船打払令を批判しました。

幕府では、そんな勝手なことを
書いてはいけないと言って
長英を牢屋に入れ
崋山には謹慎を命じました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます