So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ペリーの来航とは? 慌てる幕府と4隻の黒船

今回はペリーの来航とは?
慌てる幕府と4隻の黒船について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「ペリーの来航とは? 慌てる幕府と4隻の黒船とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/849

ペリーの来航とは?


アメリカ・ロシア・フランスの国々や
アヘン戦争をしかけて
清との間に有利な条約を結んだイギリスは
次に日本に迫ってきました。

日本の鎖国を打ち破り
貿易の取り決めをしようというのです。

1843年(天保14年)には
イギリスの軍艦が、琉球の南側に現れました。

宮古・八重山諸島の付近を測量した上に
琉球と貿易したいと言ってきました。

このころ琉球は、薩摩藩が治めていたのです。
翌年になると、フランスも軍艦三隻で
琉球にやってきました。

また、長崎にきたオランダの軍艦は
開国を勧める、国王の手紙を持ってきました。

幕府はこの勧めを断り
大急ぎで砲台を築いたり
諸藩に命令したりして
海防を固めました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます