So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

富国強兵とは? 新しい軍隊の仕組み、徴兵令とは?

今回は富国強兵とは? 新しい軍隊の仕組み
徴兵令について、日本の歴史を紹介します。
「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「富国強兵とは? 新しい軍隊の仕組みや徴兵令とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/864

新しい軍隊


大村益次郎は、日本を盛んにするためには
どうしても軍隊を強くしなければ
ならないと考えていたひとりでした。

今までは、武士だけが武力を持って
将軍や大名のために戦ってきました。

そのため武士は普通の人民よりも
偉いと考えられていたのです。

しかし、四民が平等になり
武士という身分がなくなったのだから
これからは、国民全部が軍隊に
入らなければならいと、大村は考えたのです。

武士の軍隊と民衆の軍隊との
どちらが優れているかは
第二回長州征伐のとき
民衆の軍隊が勝ったことによって
はっきりわかりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます