So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自由民権運動とは? 藩閥政治とは?

今回は自由民権運動とは? 藩閥政治について、日本の歴史を紹介します。
「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「自由民権運動とは? 藩閥政治とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/873

藩閥政治とは?


王政復古によって成り立った明治の新政府では
薩摩藩(鹿児島県の一部)や長州藩(山口県の一部)の
二つの藩の出身者が、主な役につきました。

これは、この二藩が幕府を倒す上に
最も手柄があったからです。

それについで
土佐藩・肥前藩(佐賀県・長崎県の一部)出身者からも
新政府の中心に立つものが出てきました。

薩長土肥の四藩は
明治維新に最も実力をあらわし
特に優れた下級の武土が多くいたことが
このような四藩中心の政治を生んだのです。

これを藩閥政治といいます。
閥とは仲間のことで
強い藩の出身者が手を組んで政治をするのを
このように呼ぶのです。

新政府が出来てから、はじめの内は
日本の国内は、まだ藩と府県とが
混じっていました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます