So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

伊藤博史とは? プロシアの憲法・内閣制度とは?

今回は伊藤博史とは?
プロシアの憲法・内閣制度について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「伊藤博史ってどんな人? プロシアの憲法・内閣制度とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/878

憲法をつくる用意 伊藤博文とは?


1881年(明治14年) 天皇は勅諭をだして
九年後の1890年には国会を開いて
立憲政治をはじめることを
国民に約束しました。

これは、政府がかねて国会を
開くつもりでいましたし

また、自由民権運動の人々が
早く国会を開くよう要求したからです。

国会を開くためには、憲法をつくり
国民の権利や義務などのことを
はっきり決める必要があります。

政府はこの年に、憲法の大方針を定めました。
そして、天皇が単独の意志によって制定し
これを国民にくだすという
欽定憲法をつくることにしました。

政府はこの方針のもとに
憲法をつくる用意に取り掛かりましたが
これをつくる中心人物として
伊藤博文を選びました。

伊藤は長州藩(山口県の一部)の出身で
明治のはじめから政府の重要な役につき
この頃は参議となって、活躍していました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます