So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本の産業革命とは?

今回は日本の産業革命について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「日本の産業革命とは? 綿紡績業の産業革命とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/895

18世紀の中ごろから、ヨーロッパで
いろいろな機械が発明されました。

そのため工業は大きく変化して
すばらしい発展を遂げました。

この変化を産業革命といいます。
今まで道具に頼っていた
工場制手工業に取って代わって機械に基づく
近代的な機械制工場工業が現れたのです。

産業の発展に伴って
世の中の仕組みも大きく変わりました。

中でも大きなことは
工場を持つ資本家が賃金労働者を雇って
商品の生産を行うという
貸本主義の大もとになる関係が
社会の隅々にまで
行き渡るようになったことです。

そして、封建制度の仕組みが崩れ
新しく生まれてきた資本主義の仕組みが
すっかり出来上がるようになるのです。

産業革命は、どこの国よりも早く
まずイギリスで行われました。

これが、少し遅れて西洋の他の国々にもおよびました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます