So-net無料ブログ作成

製糸業の産業革命とは?

今回は製糸業の産業革命について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「製糸業の産業革命とは?明治時代に日本は生糸の輸出で世界一となる?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/896

製糸業の産業革命とは?


同じ糸をつくるエ業でも
生糸をつくる製糸業は綿紡績業に比べると
発達が遅れました。

しかしそれでも生糸は日本の特産品として
外国の市場にも多く輸出されました。

生糸をつくる道具としては
維新前には手びき
明治のはじめには、座やりというものが
使われていましたが

中頃から、器械製糸へと発展していきました。
そして明治28年には
器械製糸の生産高は座ぐりによる
生産高を追い越しました。

国また明治の末頃には
日本は生糸の輸出では世界第一となりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます