So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日露戦争とは? ロシアとの戦い・日本の勝利

今回は日露戦争について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「日露戦争とは? ロシアとの戦い・日本の勝利?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/888

ロシアとの戦い


日英同盟を結んだ日本は
満州から軍隊をひきあげるようにと
ロシアにむかって要求しました。

しかしロシア軍は中々引き上げようとはしませんでした。

1904年(明治37年)2月8日
日本はロシア軍の基地であった
旅順と仁川を攻撃し
あくる日、ロシアに宣戦布告しました。

こうしておこった日露戦争は満州と朝鮮へ
お互いに勢いを伸ばそうとして
日本とロシアが争ったもののですが
この戦争には大きな特徴があります。

それは、日露戦争がうっかりすると世界戦争にまで
広がっていったかも知れないということです。

ロシアには、フランスとドイツが味方をしていました。
フランスは、日本とイギリスが同盟を結んだように
ロシアと同盟を結んでいました。

ドイツは、ロシアの目をアジアに向けさせておけば
ヨーロッパでロシアから攻撃される心配がなくなり
フランスにむかってすべての力を注げるので
ロシアが日本と戦うのをけしかけていました。

こうして、ロシア・フランス・ドイツが
一組になっていました。

日本には、イギリスとアメリカが味方していました。

イギリスは日本と同盟を結んだほどの国です。
アメリカは満州で自由に
貿易することを願っていました。

それには、ロシアが満州に
ひとり勢いをふるうのが、邪魔になりました。

ですから、アメリカはイギリスと一緒になって
日本の味方をしたのです。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます