So-net無料ブログ作成

ポーツマス条約とは?

今回はポーツマス条約について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「ポーツマス条約とは? 日本海海戦でロシアのバルチックの艦隊を打ち負かした?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/889

ポーツマス条約とは?


そのためいい加減ロシアが弱ったところで
仲直りをしようというのが
はじめからの日本の考えでした。

1905年(明治38年)5月27日
日本の海軍は日本海海戦で
ロシアのバルチックの艦隊を打ち負かしました。

日本の政府は
このへんが丁度よいときだろうと思いました。

そこで、アメリカの大統領ルーズベルトに
ロシアとの講和の仲立ちをしてもらいたいと頼みました。

ルーズベルトの仲立ちによる講和会議は
8月にアメリカの軍港ポーツマスで開かれました。

そして、9月5日に講和条約ができました。
これをポーツマス条約と呼んでいます。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます