So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鹿鳴館時代とは?

今回は鹿鳴館時代について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「鹿鳴館時代とは? 西洋の真似事が広まり国民の不満が高まる?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/894

鹿鳴館時代とは?


井上外相や政府はまた
条約を改正するためには
日本も外国に負けない文明国であるということを
外国人に見せなければならないと考えました。

そこで、政府は盛んに西洋の風ぞくを取り入れ
東京には鹿鳴館という
西洋風の立派な建物を建てました。

ここで西洋風の贅沢な宴会や
ダンスの会を盛んにやり
外国の公使や商人を招きました。

うわすべりのした西洋の真似事が
この鹿鳴館を中心にして広がりました。

この頃のことを「鹿鳴館時代」といいます。
これに対して、国民の中には反対の声が高くなりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます