So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

明治時代頃の美術と音楽とは?

今回は明治時代頃の美術と音楽について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「明治時代頃の美術と音楽とは? 西洋の影響を大きく受けて発展?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/912

美術


明治のはじめごろ、イタリアから
油絵・水彩画・彫刻の先生が
やってきて教えました。

そのため西洋美術は非常にすすみました。
哲学の教師としてやってきた
アメリカ人のフェノロサは
「日本の絵画は非常に優れているのだから
それを大切にしなければいけないと演説しました。

そして、世の中から忘れられていた
狩野芳崖・橋本雅邦などの優れた
絵の値打ちを見出しました。

また岡倉天心はフェノロサと力を合わせて
日本画を盛んにするために努力しました。

1889年(明治22年)には
東京美術学校(今の東京芸術大学美術学部) がつくられ
岡倉天心が校長になりました。

彫刻は日本にあるのは奈良や
鎌倉の大仏のような金彫か
あるいは寺にある仏像のような
木彫か、石仏でした。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます