So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

明治時代に世界から知られる学者とは?

今回は明治時代に世界から知られる学者について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「明治時代に世界から知られる学者とは? 日本人の寿命が伸びた!」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/913

学問のほうはよその国の人にもわかりますし
また、優れた学者がでましたので
その仕事が早くから世界に知られました。

自然科学


明治時代になって、日本人の寿命が伸び
体格がよくなりました。

それは、医学が進み
コレラやチフスのような伝染病が減り
衛生思想がすすんで
みんなが病気に気を付けるようになったからです。

明治の中期から後期にかけて、幾つかの優れた研究が
その業績をあげました。

北里柴三郎はドイツに留学して
細菌学者コッホの門に入りました。

そして、破傷風の研究をはじめ
ついに破傷風菌の純粋培養に成功し
翌年破傷風の血清療法を発見しました。

彼はまた、香港にペストという
恐ろしい病気が流行ったとき
現地に派遣され目覚しい働きをして
立派な研究をまとめました。

野口英世は、子どものころ手に火傷をして
指がくっついてしまったのを
切開して、元通りになったのに感謝する気持ちから
医者を志しました。


彼らはアメリカに渡って
みんなが気味悪がるヘビの毒を研究して
それを発表し、才能を認められました。

その後、やっかいな伝染病を研究し
多くの学位や勲章をもらいました。

高峰譲吉は、アメリカで有名になった人ですが
アドレナリンやタカジアスターゼを発明しました。

物理学のほうでは先生と弟子の関係にある
長岡半太郎と本多光太郎の両博士が有名です。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます