So-net無料ブログ作成

大正・昭和時代のあらまし

今回は大正・昭和時代のあらましについて、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「大正・昭和時代のあらまし! ざっくり言うとどんな時代?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/915

第一次世界大戦と日本


1914年(大正三年) 第一次世界大戦がおこり
日英同盟を結んでいた日本もこれに参加しました。

この大戦は、主戦場がヨーロッパであったため
日本には、大した被害がありませんでした。

むしろ、国内の工業はますます盛んとなり
貿易額も急に伸びました。

国内には、成金と呼ばれるような大金持ちが
たくさんできたほどです。

大戦が終わってのち
世界平和を保つ機関として国際連盟ができ
日本は、これに常任理事国として加入しました。

しかし、一方では
日本は大陸に勢いを伸ばそうとして
中国に対し、二十一か条の要求をつきつけました。

民衆の時代


大正の頃は、一般の民衆の意見が
盛んに発表されるようになりました。

制限選挙を止めて
国民の全てが選挙権を持つことが
できるようにする運動が高まったのも
この時代です。

その努力は、1925年(大正14年)に
普通選挙法が議会を通ったことによって
実りました。

文化面でも、教育が行き渡るとともに
大衆小説が盛んに発表され
活動写真(映画)、レコード・ラジオが普及して
人々を楽しませました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます