So-net無料ブログ作成

第一次世界大戦 強まる軍部の力とは?

今回は第一次世界大戦 強まる軍部の力について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「第一次世界大戦に勝ち続けたから日本は発展した? 強まる軍部の力とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/933

軍部のカ


国民が政治を信用しなくなり
政府が国民の声を聞こうとせず
力ずくでも、国民を抑え付けようとするのでは
民主政治は、もうぐらついてきたと言わねばなりません。

こうして、民主政治がぐらついてきた隙に
カを強めてきたのが軍部です。

もともと、日本の軍隊は
天皇が自ら率いるということになっており
軍隊のことには、議会も政府も口出しが出来ませんでした。

だから、軍隊は、誰にも邪魔されずに
固い団結と、大きな力を
作り上げることができたのです。

ことに、日清・日露の2つの戦いと
第一次世界大戦に勝ち続けたため
日本の発展は、軍隊のお陰だと
軍人たちは考えるようになりました。

そして、日本の軍隊は
世界一強い軍隊だと信じこむようになりました。

軍人たちは、加藤友三郎内閣が
軍縮会議の取り決めにしたがって
日本の軍備を小さくしたことに
大きな不満を持ちました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます