So-net無料ブログ作成

大正時代の文化の動き 女性の活躍

今回は大正時代の文化の動き 女性の活躍について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「大正時代の文化の動きとは? 女性の活躍や社会主義文学の広まりとは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/930

文学の動き


文学を見ても、大正のはじめには
民主主義や自由主義の考え方が映し出されています。

武者小路実篤・志賀直哉・有島武郎などの
白樺派といわれる人々は
この時代の最も人気のあった作家たちでした。

彼らは、大正デモクラシーの空気を文学にうつして
人間の自由な心、自然の意志を尊重し
文学に、はつらつとした
生命力を注ぐことを理想としました。

この白樺派の人々に対し
芥川竜之介・菊池寛などという人々は
複雑な現実の社会に生きる個人の悩みや
生き方を取り上げて、小説に書き
世のインテリ階級に訴えました。

いっぽう、社会主義の連動が盛んになるとともに
これらに代わって社会主義文学が
次第に広まってきました。

また、新聞や雑誌が広く行き渡り
名作や大衆小説が、次々に出版されて
多くの人々に読まれるようになりました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます