So-net無料ブログ作成

講和後の日本と世界とは?

今回は第一次世界大戦 強まる軍部の力について、日本の歴史を紹介します。

「引っ越しました。新アドレスはhttps://wakariyasuku-rekishi.com/です。自動でジャンプします」


https://wakariyasuku-rekishi.com/








「講和後の日本と世界とは? 日本の国連加盟とは?」の記事はこちらから>>

https://wakariyasuku-rekishi.com/archives/951

講和後の日本と世界


太平洋戦争が終わるとまもなく
フィリピン・インド・パキスタン・ビルマなど
かつて西洋人の支配を受けていた
植民地の民族が独立し
東南アジア諸国の団結も強められました。

1957年にはヒマラヤ連邦が独立し
翌年にはアラブ連合共和国ができ
しだいに西のほうのアフリカにも
新しい波がおよび、1960年には
フランス領のアフリカが独立しました。

こうして、アジア、アフリカ一帯には
アメリカや、ソビエト連邦の仲間とは
別の勢力ができていったのです。

「ニつの世界」から「三つの世界」へという動きの中で
アメリカは以前とし日本を味方に引き入れつつ
ソ連・中共と対抗しょうと、がんばっています。

こうした態度は、講和条約にも
日米安全保障条約にも、はっきり示されました。

日本の中には
これは戦争をさそうようなものだからというわけで
反対する運動も強まってきました。

講和条約により、アメリカの占領が
表向きとけた年のメーデーには
今までのアメリカの圧力に対する反感が爆発して
血を流すような騒ぎもありました。

nice!(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:学問

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日本の歴史をわかりやすく解説 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます